2012年の日本ダービーはディープブリランテが勝利した

最強馬である歴代のダービー馬達

2012年の日本ダービーは、2頭の一騎打ちになるのではという大方の見方でした。
1頭目は皐月賞を制したゴールドシップ。この時の中山競馬場はかなりの道悪馬場で、ほとんどの馬が馬場のいいところを通ろうとかなり外を回る中、1頭だけゴールドシップが内を突き、そこのリードを最後まで保ち1着になりました。
2頭目はその皐月賞でわずか届かず2着も強烈な末脚を見せたワールドエースです。この2頭が人気を二分しました。ただ、2頭とも追い込みの脚質だったため、前に残られる展開が若干不安視されていました。

ディープブリランテは2頭から少し離された3番人気でした。
人気を背負った共同通信杯ではかかってしまい、2着。皐月賞の前哨戦、スプリングステークスも2着、皐月賞は差し届かず3着と惜しい競馬をし、鞍上の岩田騎手は惜しい競馬を続けてしまい、悔しい素ぶりを見せていました。
この当時の岩田騎手はNHKマイルカップで走行妨害で騎手を落馬させ、騎乗停止を受け、ダービーの週から乗れるようになり、お手馬だったジェンティルドンナは川田騎手の手でオークス制覇をするなど、運にも見放されました。

しかし、岩田騎手は騎乗停止を受けた時からディープブリランテに付きっきりになります。
あまりにも付きっきりすぎて、ディープブリランテを管理していた矢作調教師から怒られるほど、日本ダービー制覇に向けて、調教を繰り返しました。
調教ではすぐにかかってしまうクセを矯正することに尽力し、万全の体制で日本ダービー本番を迎えました。

レースは、京都新聞杯をレコード勝ちしたトーセンホマレボシとゼロスが逃げ、多少ハイペースになりました。
ディープブリランテは遠く離れた4番手にいましたが、ペース的には絶好、折り合いもばっちりついていました。
気分良く走ることができたディープブリランテは4コーナーで前の2頭を捉えにかかります。
ゼロスを交わし、トーセンホマレボシをなんとか振り切り、先頭に立ったところ、猛追してきたのが後に天皇賞春連覇を果たすことになるフェノーメノ。
ゴール板わずかハナ先を前に出してたディープブリランテが日本ダービーを制しました。トーセンホマレボシはハイペースで逃げながらも3着、追い込みが届かないという不安が的中したワールドエースが4着、ゴールドシップが5着でした。
写真判定で1着とわかった岩田騎手は馬上で号泣。騎乗停止の時に全てをディープブリランテにかけた想いが実を結んだ瞬間でした。