2015年日本ダービーのドゥラメンテの活躍

最強馬である歴代のダービー馬達

2015年の日本ダービーはドゥラメンテが本物かどうか確かめるという雰囲気がありました。
ドゥラメンテが勝った皐月賞はファンや競馬関係者を震撼させる走りで、4コーナーでデムーロ騎手のGOサインに敏感に反応し、右回りで膨れるという弱点もあってかなり大外に直線で膨れてしまいました。
その時点でかなりのロスがあったのですが、そこからの驚異的な末脚で、リアルスティールを交わし1着。その強さに誰もが度肝を抜かれました。あの走りはフロックなのか、それとも実力なのか。
激走の反動はないのかなど、多くの期待と不安が交錯しました。

この時の2番人気はそのリアルスティール。本来なら勝ってもおかしくない盤石のレースぶりでしたが、最後交わされました。
しかし、そのレースぶりが評価され2番人気に。3番人気は、サトノクラウン。
皐月賞のステップレースの弥生賞では1着、皐月賞は1番人気に支持されましたが6着に敗れたものの、前走の負けは度外視する向きが強く、日本ダービーでは3番人気に支持されました。

レースは、毎日杯を勝ったミュゼエイリアン、スプリングステークスに勝利し、皐月賞では3着だったキタサンブラックが先行する流れで、前半は1分を少し切る多少速い流れになりました。
有力馬は軒並み後方、もしくは中団に位置し、折り合いに専念。そのままの隊形で4コーナーへ差しかかり、直線に入ります。
その中から外側からドゥラメンテが抜け出しを図り、内側からサトノラーゼンが追い込みをかけてきました。
リアルスティールは2頭に比べ切れ味が鈍り、そこからかなり後方にいたサトノクラウンが急追しますが、ドゥラメンテの脚色が勝り、1着。
日本ダービーを制しました。2着は道中、ぴったり内側で貼りつき、ロスなく回ってきた5番人気のサトノラーゼン、3着はハナ差及ばすサトノクラウン、リアルスティールは4着に敗れました。

日本ダービーで見せたドゥラメンテの走りはまさに本物、皐月賞で見せた切れ味そのままでした。
結果的に勝ったドゥラメンテとサトノラーゼンはほぼ同じ位置で競馬をし、その少し後ろをリアルスティール、その後ろにサトノクラウンがいました。
実際、ドゥラメンテよりサトノクラウンの方が上がり3ハロンでは速かったのですが、最後は位置取りがものを言いました。日本ダービーは独特の緊張感に包まれ、勝つのは一苦労です。
それは騎手も馬も同じです。最後は経験の差が出た格好になりました。