2014年の日本ダービー制したワンアンドオンリー

最強馬である歴代のダービー馬達

2014年の日本ダービーは、主役がなかなか定まらない前評判のレースになりました。
本来なら皐月賞を制したイスラボニータに注目が集まりますが、イスラボニータの父フジキセキが主に短距離馬中心に活躍馬を出しており、2400メートルではどうなのか不安視されました。
同じように人気を集めたのがトゥザワールドでした。皐月賞のステップレースである弥生賞に勝利し、皐月賞では惜しくも2着。それでも、それまでの戦績が評価され2番人気に推されました。
3番人気だったのがワンアンドオンリーです。ワンアンドオンリーはなかなか勝てない馬でしたが、ラジオNIKKEI杯2歳ステークスで勝利し、クラシック戦線に浮上しました。
3番人気に推された理由は皐月賞4着の内容でした。最後方から一気の追い込みも届かずという内容でしたが、その切れ味と中山の小回りコースにしては十分の脚だったので直線の長い東京に合うと判断されてのものです。

レースが始まると、エキマエが逃げを打ち、後方を引き離して先頭に出ます。ペースは平均ペースで、後ろはかなり遅いペースで折り合いをつけることになりました。
しかし、ここでエキマエが故障を発生し競走中止、押し出されるようにクラシック戦線で最初から第一線にいたトーセンスターダムが先頭に立ちます。
直線半ばでラチにぶつかるハプニングでずるずる後退。代わって、イスラボニータ、タガノグランパが追い出しを開始。
タガノグランパをイスラボニータが交わそうかという時にワンアンドオンリーが突っ込んできました。ワンアンドオンリーは、日本ダービーにおいて前目の位置で競馬しており、ほぼ余力を残していました。
追い出すと1頭切れ味が違い、イスラボニータを交わし1着。2014年の日本ダービーの栄光に輝きました。2着はイスラボニータで、トゥザワールドは追い込み届かず5着でした。

ワンアンドオンリーの勝因はペースにあります。エキマエが作ったペースは思ったより速くなく、後ろはスローペース。
結果的に最後の直線勝負になり、切れ味勝負に劣る馬や後方待機の馬に最初からチャンスはありませんでした。
騎乗していた横山典弘騎手は2009年ロジユニヴァース以来の日本ダービー制覇となりましたが、その経験が思い切った騎乗につながったと言えます。
イスラボニータはスローペースでの体力温存でこれ以上ない展開になりましたが、ワンアンドオンリーの切れ味に屈する形となりました。